こちらはGM Prusa Mendel(以下、GM Prusaと略)に関する基本的な情報を集めたページです。随時加筆して編集を進めます。こちらに書かれていることには大切な内容が含まれていますので、必ず一通りお読みください。ご質問はmixiのRepRapコミュニティーへどうぞ。コミュニティー内では参加メンバー間で活発な情報交換が行われていますので参考にしてください。

はじめに: GM Prusaは最新のRepRapモデルであるPrusa Mendel Iteration 2をベースにgenieとmasayanmanのコラボレーションによって生まれました。Make: Tokyo Meeting 07会場(西9号館2F・bitfabブース)で頒布される、ABS樹脂プリント・パーツとMDFレーザー・カット・プレートのセットを元に、お好みの部品を揃えてGM Prusaを組み立てることができます。セットに含まれるプリント・パーツには予めバリ取りやリーマー通しが施されています。

上のイメージをクリックして拡大画面でプリント・パーツの精度をご覧ください。

プリント・パーツ・セット:
https://sites.google.com/site/masayanrap/mtm07-prusa-mendel

MDFレーザー・カット・プレート・セット:

必要な工具: クラフト用ナイフ、ミニやすりセット、サンドペーパー、+と-のドライバー、六角レンチ・セット(1.5mmと2.5mm)、13mmの片目片口スパナ2本、プライヤー、ラジオ・ペンチ、定規、ノギス、水準器など。電子系として、精密ドライバー、ピンセット、マルチ・テスター、ハンダごて、ハンダ、フラックス、ニッパー、ワイヤー・ストリッパー。

材質は何でも良いですが、長さ290mmのジグ(J1)を作成します。三角フレームの内寸(プリント・パーツ間)を測るのに使います。243mmのジグ(J2′)も作っておくと良いかも知れません。

組み立て: GM Prusaの組み立てはPrusa Mendelのアセンブリー・マニュアルを参考にしてください。GM Prusaとの違いは主に上下に昇降するX軸ユニットまわりですが、2本のシャフトをネジで止めていた箇所が、プリント・パーツに差し込むだけの作業に代わっています。また、エクストルーダーの組み立ては、バージョンが古いものですがWade’s Geared Extruderのアセンブリー・マニュアルを参考にしてください。

部品調達: フレーム・パーツを含むほとんどの構成部品を日本国内で調達できます。焼き入れ研磨済みリニア・シャフト、ベアリング、樹脂ブッシュ、タイミング・ベルトなどのメカトロニクス系パーツは国内通販サイトで購入可能。エクストルーダーの心臓部に使われるホブ(刻み)加工されたボルトは、Arcol.huで5ユーロ(約¥520)で販売されています。

GM Prusaはフレームの構造部材やZ軸の送りネジとして寸切りボルトを使います。必要な長さと本数は次のとおり。

M8×370mm ×6本、左右の三角フレーム用。
M8×285mm ×4本、上記を横に連結するのに下部で使用。定尺品。
M8×420mm ×2本、上記を横に連結するのに上部で使用。
M8×435mm ×1本、Z軸シャフト2本を底部で固定。
M8×235mm ×2本、Z軸の送りネジ。触れ止めベアリング(オプション)使用対策品。

鉄/ユニクローム・メッキ寸切りボルト – http://www.nejishop.com/shopdetail/018009000003/order/
ステンレス寸切りボルト – http://y-syoko.com/sunkiri.htm

鉄素材のメッキ寸切りボルトは切断すると切断面に錆が発生します。ステンレス寸切りボルトは転造時の油が付着しているので入念な拭き取りを要しますが、磨き上げると光り輝きます。

リニア・シャフトは一般にも入手可能な標準品を選ぶのが簡単です。素材には価格の順にSUJ2(高炭素クロム鋼)、SUJ2+硬質クローム・メッキ、SUS440C(高硬度ステンレス)などがありますが、通常はSUJ2で十分でしょう。以下の標準長さのリニア・シャフトを使うことを想定して、上掲の寸切りボルトの長さを算出しています。

直径8mm×400mm ×4本、X・Y軸用。
直径8mm×350mm ×2本、Z軸用。

使用するベアリングの型番・個数は以下の通りです。

605ZZ ×1、X軸ベルト・アイドラー用。
608ZZ ×5、Y軸ベルト・アイドラー用と樹脂送出エクストルーダー用。
688ZZ ×2、Z軸送りネジ触れ止め用。

    なお、旧Prusaで6枚必要だったM8×30mmのフェンダー・ワッシャーは、プリントされたベアリング・ガイドに変更になったため不要です。

ブッシュは全体で12個必要なのでコスト対性能比で選んでください。以下の候補のうちオイレス80F-0810 ×4をZ軸に、NTN R-MLEF0810 ×8をX・Y軸向けとして推奨します。

オイレス #80 フランジブッシュ 80F-0810(写真左)・NTN 精密樹脂MLEベアリング R-MLEF0810(同右)

GM Prusaで使うT5(ピッチ5ミリ)ポリウレタン製5ミリ幅タイミングベルトの型番は以下の通り。長さが違うものを各1本ずつ使います。

椿本チエイン・BU840T5-5、BU940T5-5
三ツ星ベルト・タイミングベルトU T5-05-168、タイミングベルトU T5-05-188
バンドー化学・シンクロベルト 5T5-840、シンクロベルト 5T5-940

メカトロニクス系パーツの部品購入先:
http://www.monotaro.com/ ネジ、ワッシャー、シャフト、ベアリング、ブッシュ、ベルト、グリス。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dendouki2/ ベアリング、ベルト。
http://www.tsknetshop.com/ シャフト、ベアリング。(法人対象)
http://jp.misumi-ec.com/ ネジ、ワッシャー、シャフト、ベアリング、ブッシュ、ベルト。(法人対象)

MTM07 RepRapパーツ頒布・2(電装のページ)に続く



頒布価格:
本体プラスチック・パーツ・セット¥7500 (リーマー通し済み)
エクストルーダー・プラスチック・パーツ・セット¥2500 (リーマー通し済み、ホットエンド用木製レーザーカット・ホルダーを含む)
MDFレーザー・カット・プレート2枚セット¥2000 (滴型コースター2枚を含む)

以上のフルセット一式をMake: Tokyo Meeting 07の会期中に限り、特別価格¥9500で頒布。

ご好評を頂きましたMake: Tokyo Meeting 07での頒布終了に伴い、予約の受け付けは一旦〆切と致します。

お問い合わせフォーム:
http://etherpod.org/?q=contact

プリント・パーツ・データ:
https://sites.google.com/site/masayanrap/mtm07-prusa-mendel

Flickr – masayanman:
http://www.flickr.com/photos/66177808@N06/

YouTube動画:
http://www.youtube.com/results?search_query=MTM07+Prusa+Mendel

このページの短縮URL:
http://etherpod.org/prusa/