先のRe: 釣り糸を買うの巻で書いたプーリーが日にちの経過とともに卵白のような色に変化し、すっかり硬化したのを見計らってフランジ面に設けてある小穴にM2のタップを立てました。ここに入れた芋ネジを締めて奥で釣り糸を固定しようという目論見です。硬化後はエンジニアリング・プラスチックと同等と聞いていましたが、本当にその通りで細かなタップでもしっかり立てられます。


微量の木工用ボンドを釣り糸に付けてきつく捩っておき、頃合いを見計らって溝を切ったドラムの中央の穴に差し入れて芋ネジで固定します。直径1mmの穴ではどうしても釣り糸を差し込むことができず、1.2mmに拡げることで妥協することにしました。釣り糸を強く引っ張っても抜けたりしません。思いのほか上手く行っています。これで釣り糸がへたっても交換可能。次回は実際にこれで駆動してみるところまで進めたいと思います。