去る8月18日に秋葉原で催されたRepRapミーティングに参加するため、見栄えが良いケースを求めていました。手持ちにするので、ひたすら軽くて丈夫さは二の次。できれば安価なら申し分ありません。ところが、ざっとホームセンターを巡ってみても、およそ30センチ立方の物がうまく収まるような既製品のケースは見当たりませんでした・・・。

そこで方針を急遽DIYに切り替えることにしました。軽量なプラスチック製のダンボール板2枚をコの字に折り曲げて縁を接着する方法。白い板は30×91センチのものを29+33+29センチの位置で三つ折り、緑の板は60×91センチのものを現物合わせでカットして折り曲げます。内側に4mm幅くらいの溝を切っておくと曲げやすい。「プラダンの加工-曲げる」というページを参考にしました。

ちなみに接着剤はボンドGPクリアーで、固まるまでビニール・テープで補強しておきます。底面の外側にはポリカーボネートのダンボール板を貼って補強しました。ベルトと対の留め具もあるとスマートにまとめられます。

Exif_JPEG_PICTURE
atomを収めるにはエクストルーダーの位置に工夫が要るかな。前日に材料を購入しておいて参加当日の朝に作ったにしては上出来だと思います。(笑)