有り合わせの電工ペンチを道具箱の中から引っ張り出して来ても、0.1インチ(2.54ミリ)ピッチや、それ以下のピッチの小型コネクターを圧着することはできない。できたつもりになっていても芯線をちょっと引っ張れば抜けてしまうのがオチ。圧着用のペンチでは大が小を兼ねることはない。コネクターの芯線バレルと被覆バレルの外寸に適合するダイスを持ったペンチが当たり前に必要なのである。

Exif_JPEG_PICTURE

精密圧着ペンチ http://www.engineer.jp/products/nipper/np05/item_01

参考: 電子工作でよく使う『QIコネクタ』の圧着方法 http://blog.digit-parts.com/archives/51796900.html