3DプリンターのプロジェクトRepRap。何が興味深いかといって、自らのパーツを自分で作りながら増産して行けるという点。ここに本体のイメージを貼り込むとMake: Blogみたいだから止めておくが、溶かしたプラスティックの吐出によって既に歯車や水が漏れない小さなグラスの生成に成功している。そして、このRepRapでも議論の末にArduinoを採用することにしたらしい。

How to build RepRap 1.0 “Darwin”:
http://reprap.org/bin/view/Main/RepRapOneDarwin